マッハ吉村連覇!誰も止められない最速王者!

第2回国道1BAN 優勝者 マッハ吉村(大分AC)

記録 5秒84

~第2回 国道1BAN総評~

 

今年から、予選会が開催され。予選会通過者15名。推薦選手(予選免除)10名が本戦で競うシステムとなりました。

 

第1回大会と比べて全体的にハイレベルな選手が集まった本戦ですが、ふたをあけると、決勝戦は前大会に引き続き4名(マッハ吉村、日髙、町村、菅)と新たに日本文理大野球部の新城との決戦になりました。

 

スポーツ種別でみると、

陸上3名(マッハ吉村、日髙、菅)と野球2名(町村、新城)。

 

まさに、陸上と野球の頂上決戦!さあ、野球選手が陸上選手を破るという波乱が起こるのか?

 

そんな波乱を期待させられながらも、スタートの号砲とともに圧巻の走りを見せたのは、やはり、この男・・・マッハ吉村でした!

 

「速さ」、「強さ」、盤石の横綱相撲のような、その走りは観客の皆さん全員を虜にした。

 

2位と大差による勝利ではないものの、中盤からゴールまでの加速は、勝利を疑う余地のない素晴らしい走りでした。

 

最速メンバーが揃うなかでの2連覇は、まさに無敵の王者!

 

マッハを止める奴は現れるのか?これだ、来年の国道1BANのテーマになりそうな気がします!

 

鶴崎商工青年部 企画研修委員長・国道1BAN企画者 三浦 康紀